展示会で一番になるために依頼したい施工業者|案件管理の重要性

営業時間外でも応対できる

オペレーターの女性

電話応対はどのような会社でも必要となる業務の一つです。取り扱っている商品やサービスについての案内や説明、さらには不具合が現れた際の対処など、お客さんからの相談内容にしっかりと対処しなければならないのです。しかし、お客さん側にも予定があるため、必ずしも会社の営業日に電話を掛けてくるとは限りません。平日の夕方までしか電話対応をしないという会社は多いものですが、お客さんもまた平日に働いているため、時間に余裕のある時に連絡ができないという問題が発生するのです。会社側からすれば、お客さんからの不興を買うことや、予約ができないことでの顧客離れが発生するので会社の利益にも影響します。だからといって、夜間に電話対応を行なうスタッフを新たに雇うとなると、今度は人件費や光熱費も掛かってしまうため、コストの負担に悩まされることになるでしょう。そこで利用ができるのが、電話代行を行なう会社です。電話口での案内を行なう専門のスタッフが、夜間や休業日での電話応対を行なってくれます。電話代行サービスは月額での費用も格安であるため、新たに社員を雇うよりコストも安くなるのです。

自社のスタッフではない人物に電話代行をさせるとなると、不安を覚える人も多いでしょう。お客さんや取引先の会社とトラブルを起こしてしまうのでは、と考える人もいるものです。電話代行の会社では、重要な取引先からの連絡があった場合、速やかに担当者へとメールで連絡を行ないます。丁寧な対応で電話の取り次ぎや伝言預かりを行ない、迅速に担当者へと伝えるため、取引先からの急な連絡にもしっかりと対応できます。顧客からの予約対応や相談などは、そもそもほとんど定型文での対応で済ませることができるものです。事前に電話代行を行なうスタッフに、会社に多く寄せられる顧客からの電話内容や対応方法を伝えることで、会社の社員と同じように問題なく対処してくれるでしょう。