展示会で一番になるために依頼したい施工業者|案件管理の重要性

コスト配賦を適正化できる

握手

IT化が著しい現在では、会社のどの部署であってもパソコンを用いた業務を行なっているものです。新しい業務を遂行するためのシステム導入や、ハッキングやウィルスなどのサイバー攻撃へのセキュリティ対策など、ITインフラは随時整えねばなりません。インフラはタダでは整うものではないので、その都度各部署でコストを支払うものでしょう。会社が用意できる予算は一定であるため、多くの人は各部署へと均等に予算を割り振るのがよいと考えるでしょう。しかし、部署ごとに業務は異なるため必要とするシステムのレベルにも差があるので、分配された予算額が必ずしも適切とは限らないのです。高度なシステムを用いて業務を行なっている部署からすれば、単純な管理システムを導入しただけの部署と予算が同じというのは不公平に感じるものです。このような状況を改善するために行なうのが、チャージバックです。IT関連でのコスト配賦を意味するチャージバックを行なうことで、一律に同じ予算を支払う場合に比べ、不必要なコストを削減することができます。また、たくさんの予算が必要な部署へお金を回せるので、会社の成長を促すと同時に社員へのインセンティブを与えることもできるでしょう。

アプリケーションなど、顧客へのサービスを行なう部署の業務には、システム構築を行なう部門からの要求とギャップが現れる場合があります。構築したシステムの機能を全く使用せずに顧客へ提供してしまっていることや、ユーザーの要望などをまとめた案件の中に、不必要な情報まで含まれてしまっていることもあるでしょう。システム構築を行なう側が、こうしたユーザー部門からの案件をそのまま通してしまうと、企業の部門への投資額に多くのムダが生じることとなるでしょう。チャージバックを行なうことで、こうしたユーザー部門とシステム部門とのギャップを埋めることができるでしょう。コスト配賦によってシステムの費用がどのように使われているかがわかるため、ユーザー部門の社員にコストに関する意識をしっかりと持たせることができるのです。チャージバックは専門のコンサルティング会社に依頼することで行なえるので、IT関連の事業の伸び率が低い会社や、コスト削減を考えている会社は一度相談してみましょう。